父の介護

実家の父は、不思議と私が出かけると具合が悪くなる

そもそもは数年前からすっかり足が弱くなり
あるいて5分位のかかりつけの病院に行くのも大変になり

ちょうど我が家の長男が自分の車を買ったこともあり
息子の車を借りて私が父を病院に連れて行くことになった
3か所の病院に通っていたので
時間がない時には私が病院に送っていき
帰りは妹に迎えを頼んだりしてやりくりしてきた。

それが、昨年の夏たまたま熱海に友人と旅行していたら
母から携帯に「お父さんの具合が悪いので病院にいけないかしら」
と電話があった

あの時は、肺炎をおこして大きな病院を紹介され
3週間ほどの入院生活だった。

それがきっかけだったような気がするのだが
すっかり動きも鈍くなり、病院の駐車場から入口まで
ほんの少しの距離を歩くのも大変な状態になってきた


おしめが必要な状況になり、それを母が一人で替えるのも
他の家族で交代に面倒みるのも毎日のことなので
かなり負担になり、ヘルパーさんを頼むことにした

2月に旅行に行く前は、ちょっと心配しながら出かけたが
今度は父ではなく、義妹のお母さんが、倒れて集中治療室での治療という事態になり
実家は大変な状況になってしまった

仕事の行き帰りに実家に寄ったり、病院へ連れて行ったり
そして病院へ連れて行くこと自体が難儀するようになり
車いすに移動させるのも一苦労で
内科の先生は月1回往診してくださることになった。

夜も昼もない介護に弟家族もかなりお疲れ状態になり
5月に、施設に入れることを決意した

弟夫婦が中心になり施設選びをし、あとは入所を待つばかりという矢先
父は、食事がとれなくなり脱水症状で緊急入院することになった
少し前まで食欲は旺盛で自分で食べていたのに急に口を開けることもしなくなり
食事も水分もとれなくなったのが原因

その時は、前回のように暫く入院したら帰ってくると思っていて
退院とともに施設に入所ということになった

でも、回復が思わしくなかったのと食事を嫌がるようになり
あきらかに要介護度も上がった。
当初、お世話になることになっていた施設は、チューブ栄養や鼻腔栄養でのお世話はできないところなので
なんとか口から食事ができる状態に回復しないと入所ができない

そこで3週間ぐらいだったか、みなで交代に食事のお世話に病院へ通い
なんとか、出た食事の3割くらいを食べれるようになった
飲み込む力がなくなってきているのでいつも1時間以上かけての食事だった
いつも、途中で「もういい!」と口をつぐんでしまい
なんとか環境をかえながらの戦いだった。
病院で出てくる食事は、本当に美味しくなさそうだったし
みんな、早く退院させたいとのおもいで頑張った

やっと病院からも施設からも入所オーケーの返事が出て
6月末、施設へ移動した

この施設が、我が家から車で10分程の近さだし
中庭に面した明るい部屋だし
病院のベッドで寝てるより良かったね
という思いで皆一安心だった

ところが、相変わらず食事を口にしない
弟は夕食ごとに付き添って介助をしていたが入所して4日目で
再び脱水症状で病院へ戻された・・・・
その後、肺炎も併発して事態は悪くなる一方
酸素マスクや心臓のモニターや点滴が痛々しく
何度か、家族が呼ばれたりもした。

それが!
先週あたりから日に日に顔色がよくなって
酸素やモニターも、一つづつはずれ
私たちとの受け答えもはっきりとしてきた
体を動かしたり、手をあげたりもできるようになった
これには、こちらもびっくり
2日前からは、車椅子に乗せてもらいナースステーションの前で時間を過ごしたり
できるようになった

この暑い夏を乗り切った感じがして私たちもとても嬉しい!
ちょうど帰省中の二男、三男とも会って元気な姿を見せられた
もしかしたら、二人とは会わせられないかもとも思っていたので
ひとまずほっとした。

この週末の家族旅行も楽しく行ってこれそうだ~<^^¥>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mammy
2012年09月15日 19:37
どんぐりさん、こんばんは!
なんと言っていいのかわかりません、本当に大変でしたね。
家族で介護をすることの大変さはした人しかわからないと思います。
まだ皆さんで力を合わせてがんばっていただきたいと思います。

うちでも義母の希望でホームに入所することとなりました。
やはり横浜です。
義理の妹たちが近くないと行けないからというのが理由です。
義母は、こちらにも遊びに行きたいし、お墓参りもしたいのでこちらにも近くないとと言っていたのですが・・・
何が一番いいのかわかりませんが、義理の関係はやはり難しいので言われた通りにしました。

旅行中、何も起こりませんように私もお祈りしています。
どんぐり
2012年09月18日 16:46
mammyさん、ありがとうございます。
お昼に父の病院へ行ってきたら
ナースステーションから遠い部屋へ移動していて
頭や手をあげて、私が来たことを確認していましたー

顔色もとてもよくて安心して帰ってきました。

今回父のことで、私も施設についてあれこれ調べてみました
本当にたくさんの施設があることに驚きましたし
噂には聞いていましたが
特養はものすごい人数が待機していることに納得しました。
ちょっと考えたくないですが、自分たちはこの先
どんな風に生活していけばいいのだろうって思いますね。

健康第一、基本自分のことは自分でできないといけませんね!

この記事へのトラックバック